投資家が買値は高く

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売り買いして利ざやを狙う商品です。http://webmania.to

売り買いの価格は、四六時中上下しています。

これがマーケットです。

ニュースサイトを見ていると、為替相場の話題が流れます。

見かけるのが、「今の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表現しています。

売り買いには買いと売りの2個の価格が存在するのです。

売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引業者も存在しています。

普通は買値よりも売値が低く設定されるものです。

投資家が買値は高く、売値は低くなります。

この差をスプレッドといい会社の利益のひとつといわれています。

スプレッドの狭さはFX業者によって変わります。

スプレッド幅は自分にとって出費になるので、低いFX業者をセレクトするほうが優位です。

ただし、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドの狭さは変動します。

例として通常はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの幅であるとしても、為替相場の上下がとても激しいケースでは1銭よりも広くなったりするのです。

という事で、スプレッドが低いのと、変わらないのが必要です。

近頃では変化しないスプレッドの幅を提示する取引会社もたくさん存在しています。

リアルにFX取引会社の取引画面の上でリアルなレートをチェックしなければわからないので面倒くさいですが不可欠な事です。

大事なお金を預けてトレードをするわけですからリアルな売り買いの前に気になるFX取引会社の取引口座開設をどんどんして、表示されているスプレッドの差を実感しましょう。

同じ通貨でも、その時間帯の市場の変動率によって、通貨のスプレッドは変わります。

通常、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭くそれ以外のペアではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。

Link

Copyright © 1996 www.andrealensi.com All Rights Reserved.