破産管財人ケースには下記のような制約が追加されます

破産認定を得たときどういった損害、デメリットがあるのかは、破産を考慮した方達にとって九分九厘1番知っておきたい知識だと思われます。

そこで破産宣告者の被る損害に関連する中身をまとめ書きにしようと思います。

・破産者の名簿に記録されます。

※身分証明書を作るための情報であるから大抵の人はコピーすることができませんし、免責の許可がなされれば取り消されます。

・官報上で記録される。

※新聞とは異なり普通の書店には販売されていませんし大抵の人達には関係のないことだろうと思われます。

・公法上のライセンスの制限。

※破産認定者になったときは弁護人、CPA、行政書士、税理士などの資格保持者は資格剥奪になり実務ができません。

・私法上のライセンスの制限。

※破産者は後見人、保証役、遺言執行人になることが不可能になります。

それだけでなく合名企業、合資の企業のワーカーならびに株式企業、有限企業の取締担当役、監査役員のときは退任事由になります。

・自動車ローンやクレジット用カードを利用することが認められません。

そして、破産管財人ケースには下記のような制約が追加されます。

・破産者の資産を維持、排除することが不可能になります。

・破産管財を行う人や債権保有者会合の要請があると必要な応答をしなければなりません。

・司法の許しをもらわずに住居の引越しや長めの旅行をすることは許されません。

・裁判官が必要だと認定した場合は身体を捕縛されるときがありえます。

・送付物は破産管財人に配達されることになり、破産管財者は届いた郵便を開封できます。

上記以外の自己破産者の不利益で大抵誤解がある項目を列挙形式にしておきます。

1戸籍データおよび住民票では記載されません。

2会社は破産を根拠に辞職をせまることはできないです。

※破産者から告白しないかぎり他人に噂されることはありません。

3投票権や選挙に出る権利などの権限は停止されません。

4連帯保証人になっていなければ、血縁者に代わりに払う責任などはないです。

5必要最小限の生活に欠かせない家財(パソコンTVなどを含む)洋服などは差し押さえられないです。

損失についてあげました。

破産申請をするのなら返済はゼロになるといっても以上の困難も存在します。

自己破産を考慮する上で、デメリット真面目に考慮した方がよいと考えます。

Link

Copyright © 1996 www.andrealensi.com All Rights Reserved.