www.andrealensi.com

お金の借入れを申し込む時には、お金を借りる会社の審査に申込み、各キャッシング会社の決められている審査基準に受かる必要があるのです。こういった審査の手続きの中で申込者のどんな情報が診断されると思いますか。融資を認めるかしないか、審査基準はどこに違いがあるのでしょう。融資をするキャッシング会社は、お金を借りようとしている借り主の情報を基に判断します。評価されるひとつひとつのチェック項目は、「属性」と呼ぶことがあります。自らのことや両親のこと、仕事の情報、居住地の情報を判断します。「属性」は数え切れないほどありますから、言うまでもなく重点的に見る事項と重点的に見ないチェック項目というのがあるはずです。中でも優先して見る項目の「属性」と呼ぶものには、融資を受けようとしている人の年齢や融資を受けようとしている人の仕事、今、住んでいる場所の年数など、融資を受けようとしている人の収入レベルをチェックできるものが存在します。所得水準がチェックでき、なお、確認が持てるものについて、特に重要な「属性」って呼ぶことができると思います。その属性の中で審査の依頼した人の「年齢」に関しては、キャッシング会社は原則、主な利用年齢を20才代から30代をターゲットにしていますが、その中でも家庭を持っていない人の方を重視しているはずです。一般的な世間に当たっては入籍していない人よりも家族を持っている人の方が信頼がありますが、カード会社としては、家庭を持っている人よりか好き勝手に使えるお金が多いと考えるため、独り身を契約されやすいっていうことがあるはずです。また、年齢は上になればなるほどカードを持つには難しくなっていってしまいます。カード会社側のほうで、ある程度の年齢にも関わらず好きに使えるお金がないのはおかしいと考えられてしまうのです。家のローンを背負っている場合などもありうるので、契約を行うかの否かの判断にはかなり慎重になりがちなのです。

Link

Copyright © 1996 www.andrealensi.com All Rights Reserved.